Ⅳ 皇帝は語る  タロットの宇宙より -抜粋


= 私といるとあなたの怖れはやむ。
= 疑いや自分自身の価値を貶めることもなくなるだろう。
= 何者もあなたが望まぬことを強制することはできない。
= 私は無敵である。
= 私が敗北を認めることは決してない。
= 私は確信である。
= 私は軸である。


= 自分らしく生きることや
= 自己実現をしようとすることから、
= 不安があなたを妨げることはもはやなくなるだろう。


= 不能や怠惰があなたの活力を封じ込めてしまうこともない。
= 貧困の恐怖があなたの仕事を妨げることはない。


= あなたは自らの反映を築くことができるだろう。

= あなたの知的な疑念も臆病さも、
= 自分を犠牲者になぞらえることも、
= 過去の苦しみも貧弱な自己イメージも、
= あなたが「私」というあなた自身の「皇帝」を
= 見出すのを妨げることはない。


= もし有害な教育ないしは価値観が、
= あなたの中に誤った法を刷り込んでいるのならば、
= それら一切を洗い流してしまうのだ。


= 私があなたに明かす法を素材とし、
= あなた自身の規則あなた自身の仕事の方式、
= あなた自身の行動を確立するのだ。
= 私はそこに居る。
= 私はそこに現れる。
= わたしはあなたを保護しあなたを力へと促す。


      = 部分は抜粋



 「わたしは、皇帝である」

皇帝は、私自身とは何者かという、
太~い軸を持ってらっしゃる。

それは、わたしがわたし自身であるための、
とっても強力な、道連れ。

わたしが何者かを宣言しないことには、

誰かだけでなく、自分でさえわたしを見失ってしまう。

自分を表現できないし、
抵抗や拒否する力もなくなってしまう。

人生で、犠牲者になってしまう。

あなたの中に、皇帝を見つけましょうと、
このカードは勧めている。

”I am.”

あなたが、『わたし』を宣言した時から、
あなたに力が戻ってくる。

あなたが、『わたし』を宣言した時から、
あなたに敵は存在しなくなる。

あなたとは何者か?

その答えは、往々にして、自動的に
お仕着せの洋服のように、
わたしたちを覆いつくしているんです。


始まりは、
お父さんとお母さんの子供。

だれだれさん家の、何々ちゃん。

色々な性格や、癖や、印象、
得意なことや、頭の良さまで、

あなたの”もの”じゃなくて、
誰かの”もの”であることがとっても多い。

というか、ほとんどかも。

**
わたしは、わたしをこう感じる。

わたしは、わたしの、ここが好き。

わたしは、こういうことを信じている。

わたしは、一生こういうふうに生きるの。

わたしは、これが大好き。
**

「わっはっはっは。。。」
と一笑に付されてしまった数々の、あなた自身は、

きっと、たぶん、今のあなたとは
全く、ではなくても、大いに違っているかもね。

だけど、思うんです。

「わっはっはっは。。。」
と一笑に付されてしまった数々の、わたし自身こそ

わたしなのではないかって。

”I am.”

それはだれか?

それは、この世でたった一人、
わたしだけが、あなただけが、

自分で決めていい!!



今日もありがとうございました。

Have a Happy Night!



人気ブログランキング
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment