ささっと自分を認めて、高く評価しちゃいましょう!



今、ほっとする時間を過ごしています。
あなたも、すてきな時間を過ごせているといいですね。



〇〇だったら、△△をしたい、
△△風に生きたい、
と言い訳するときがある。

だいたいが、△△はできないで終わるし、
やらないで終わるし、そんな風に生きられない。


〇〇は、お金があったら、だったり、
夫の反対がなかったら、だったり、
子供がいなければ、親が怒らなければ、
などいろいろ。


その理由はふたつ。

本当はやりたくないから。

そしてもう一つが、

それができれば、すばらしいことなんだけど……。

⇒ すばらしい自分じゃないから「できない」、と思っている。

で、そんな風に思いたくないから、〇〇のせいにしたい。


でもでも、本当に、
お金は無くなるし、悪くすればマイナスになるよ。

って言いたい気持ちはわかる。

ただ、それを言っちゃえば、
それは自分のしたいことが
かかるお金より価値が低い、
エネルギー的にぜんぜん低い、って思ってるよね。


夫に反対されて、猛激怒されて、夫婦仲わるくなるじゃない。
って言う気持ちもわかる。夫婦仲、たいせつ。

でも、これも同じ。
そこへ行きたいとか、それをやりたいことが、
夫婦仲が良い状態であるより、価値が低い
エネルギー的にぜんぜん低い、って思ってるよね。

それ、あなたが信じてるあなたの価値だから、
あなたが信じてるあなたのエネルギーの高さだから。

本当にそう思うのなら、やめるのがいい。

たぶん、選んだ価値やエネルギーの方に結果が転ぶから。

お金は無くなるし、夫婦仲は悪くなる。



〇〇だったら、△△したい
そう思っている自分は、

△△ができる自分じゃない、
△△を手に入れられるに値しない自分

と、自分を評価してるっていうことだね。

で、そんなこと、断じて認められない。
だから、〇〇、のせいにしちゃうんだ。


でもね、その価値やエネルギーの低さは、

本当のあなたの価値やエネルギーの低さじゃないのよ。

知らずに埋め込まれた、無価値観や罪悪感が
そう思わせているだけ。

無価値観や罪悪感を手放すと、自分を認められるようになるし、

もともと、自分って素晴らしいって認めれば、
無価値観や罪悪感は勝手になくなっていくんだ。

出てくるよ、その後も無価値観や罪悪感を持ってますよ~
って、お知らせしてくれる現実が。

でも、その時は、まだ持ってたんだって言って
ポイッと捨てればいい。



なにはなくても、まずは、
さっさと自分を認めて、高く評価しちゃえばいいんだね。




「〇〇だったらしたい」って口にしたら、
自分を高く評価したいという、
自己承認欲求なんだって気付けて、
ラッキー!!
と思おうね。


本音の叫びは、
わたしを認めて!  なんだ。







今日もありがとうございました。

Have a Happy night!

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment