土井義晴先生のフレッシュトマトソース

トマトの季節ですね~!


田舎の道の駅で出会う完熟トマト! は格別ビックリマーク

完熟度が、やっぱりちがう。


生トマトにオリーブオイルとお塩でも、美味しい

それを、トマトソースにするとな?

と思っていました。


生でいいじゃん、フレッシュで。

めんどくさいし~チーン




と・こ・ろ・が


  もう、放映されてから日にちが立つので、

  知っている方はたくさんいるかと思いますが、


作るたびに感動なのでラブラブ、UPさせて頂きました~。




土井義晴先生のレシピです。


   * トマト・・・300~400g (中の大で3~4個くらいになる)
   * オリーブオイル・・・大さじ3~4 (100gに大さじ1と覚えてる)
   * ・・・小さじ1/2
   * 砂糖・・・小さじ1 (甘いトマトならなくてもOK )加減してね。


 トマトはできれば完熟に近いものがおいしいと思われます。



 ① トマトを大きめにざく切りにして、鍋に入れます。


 ② トマトの上からオリーブオイル、塩、砂糖を振り入れます。


 ③ 火にかけて、時々混ぜます。


 ④ 15分ほど蓋をせず煮込みます。


**************************それだけ*****


煮込み加減は、お好みでよさそうです。

しっかり煮込んでみても、やっぱり美味しかった。

軽く煮込むと、よりフレッシュ!


お肉(家では鶏肉)にかけても、お魚のソテーにかけても、

もちろん豚さんも合うそうです。


パスタはもちろん、


わたしの一番好きなのは、土井先生おすすめの

こんがりトーストしたバゲットに乗せるの。デレデレ


ライ麦パンにもとても合うので、うれしい!爆  笑


あ、土井先生によると、何にも入れないのが
とってもシンプルでフレッシュなお味とのこと。

一度はプレーンでお作りください。


写真がないのは、もう食べちゃったからで、あせ


今、残りのソースで大豆の水煮を煮込んでいます。


どうなりますか。照れ






で、できました。 ヒマワリの種ライ麦パンと。



真ん中の黒っぽい海苔のようなのは、バジルソースです。笑い泣き

写りが……。 



夏野菜は身体を冷やすと言われています。


妊婦さんや、身体を温めたほうがいい人は、

冷たい生ではなく、こんな風に煮込んで食べればいかがでしょうか。




お越しいただきありがとうございます。



Have a good day!!




スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment